高所得の医師こそ節税して将来や子供のために資産形成に努める

景色

情報を調べる

お得に旅行する方法としてふるさと納税があり、自己負担額の2000円だけで済みます。所得などにも注意した上でふるさと納税を利用する必要があるのですが、通常よりもお得になっているので使わない手はないといえるでしょう。

男性

2つのタイプの特徴

ふるさと割は、「コンビニ発券型」と「旅行会社発券型」の2つのタイプに分かれます。それぞれに特徴とメリットがあるので、どのタイプが良い、というのは一概には言えません。

旅行チケット

旅行に利用できる

頻繁に国内旅行に出かけるという人はふるさと割に注目すべきです。できるだけ旅行にかかる金額を抑えることで食事を豪華にできたりレジャーを楽しめますので、この制度は注目すべきなのです。

医師の節税

女の人

医師は一般の人に比べ収入が多い分、多額の税金を納める必要があります。これから資産を築くにあたって節税が非常に重要なキーワードになります。節税の基本は所得控除です。徴収される税金で最も大きいのが所得税です。医師の所得税は個人の所得に対して発生するので高所得であれば税率も上がるので、その所得税をいかに抑える事ができるかが節税の基本となります。医師におすすめなのが物件を購入することで支出の一部が経費と認めさせるという方法です。物件を購入すると必要な支出の一部、金利、減価償却費、雑費などが経費として認められます。資産を持つうえで節税にもつながります。不動産を購入する事は節税だけに限らず将来的の住み家、お子さんに残す資産としても重宝します。考え方によっては様々なスタイルが生まれます。例えばマンションの一室を利用して医師という強みもいかし将来的に医院やクリニックを開業する事もできるのです。ご自身の家族形成やライフスタイルに合わせて最大限に節税し賢く資産形成をするのも良いでしょう。また、会社を設立して勤務先からの報酬の一部を自身の会社の収入として受け取る仕組みもあります。そうすることによって勤務医では経費にできずにいた領収書を形として扱えるので節税効果があります。これをするには注意する点があります。法人運営をしっかりしないと税務署から節税目的の法人ではないかと疑われることもあります。こうした指摘を受けないように注意をする必要があります。